積水ハウスでマイホーム建てましたっのロゴ(メイン)
積水ハウスでマイホーム建てましたっのロゴ(サブ)
お問い合わせフォーム

HOME>家づくりへの流れ

家づくりへの流れ

家づくりを検討した理由は家族のこれからを考えて

 結婚してから賃貸アパートで生活をしていました。 前年に子どもが生まれ、いろいろ荷物が増えて2DKのアパートは手狭になってきました。

 家づくりについては前々から検討していて、新聞の折込みチラシやインターネットで資料請求をしたり、会社の住宅ローン相談会に参加したりして情報収集は少しずつ行っていました。  情報を集めていて状況を考えると、今のところ(その当時)金利は低い、でも今後上昇する傾向が あり、消費税が上がる可能性もあることから、

 

『家づくりをそろそろ真剣に考えないといけないかな』

 

ということになり、家づくりの検討を本格的に開始しました。

 

家づくりの第一歩は見学会へ参加から

 ちょうど近所でハウスメーカーの見学会がある、ということで行ってみました。 このとき見学したお宅のハウスメーカーは、ミサワホーム、積水ハウス、へーベルハウスでした。このときはモデルハウスではなく、実際に施工されたお宅を見学しました。このため、家のサイズや土地の広さなど感覚的に知ることが出来ました。

「家づくりへの流れ」として、土地と建物について検討を開始しました。

 

土地とメーカー比較の説明 土地の購入土地の特性を様々な観点から調べてみる、実際に歩いて感じることで、その土地との相性を探ります。 ハウスメーカーの比較建物は耐震性や耐久性、住み心地やデザインなど、住宅会社ごとに手法は異なり、考えることはたくさんあります。