マイホームの内覧会(エアコン編)

 

 こちらでは完成した積水ハウスのマイホームについて、各階、各部屋に設置しているエアコン内覧会として紹介しています。

 エアコン設置については、設計時より検討していました。マイホームのイメージとしてモダンテイストを考えていましたので、その雰囲気をより演出するには埋込み型の方が適しています。

埋込み型のエアコンを検討すべく、設計段階から設置場所の配置や隠ぺい配管の引回しなど、積水ハウスの設計担当者と話し合いをしました。打合せではモダンテイストの雰囲気には埋込み型のエアコンは効果的だが、故障の際には建物の修繕も必要になったり、交換・取付の手間を考えるとお奨めすることは出来ないとのことでした。

 一方で壁掛けタイプのエアコンは本体の出っ張りや配管の一部が見えてしまうというデメリットもありますが、設置が簡単で扱っているメーカーが数社あり種類も多く機能も充実している、ということで壁掛けタイプのエアコンを設置することにしました。

 設計段階では設置する箇所とエアコンの大きさを決めておいて、家電屋さんに出掛けてエアコンを検討しました。私たちのマイホーム購入は夏でしたので、家電屋さんでも「季節商品」として、多く販売されていました。

購入・取付は全て家電屋さんにお願いしました。 ただ、配管工事は積水ハウスの現場監督さん立会ってもらいました。マイホーム建設時に設置したのは1階、2階で計4台です。必要最低限を設置して、 将来設置を検討しているところは積水ハウスにお願いして裏地の補強や専用コンセントの確保、 室外機設置スペースの確保をしてもらいました。

 下の家の略図に記されている文字のところをクリックすることで 「2階」「1階」のエアコンの詳細をご覧頂くことが出来ます。