Yahoo!の検索
田畑と住宅地の写真

HOME>家づくりへの流れ>土地の購入>土地購入注意点は何か

土地購入注意点は何か

 前ページでは土地の条件を考えました。今回は土地購入注意点を考えます。土地にはどのようなリスクがあるのでしょうか?

様々なリスク

 土地選びに存在するリスクには、いろいろな観点から考える必要があります。

 土地のリスクについて、以下の種類と対処法があります。

リスクの種類と対処法

 土地にはリスクがあります。可能な限りの対処を行い、起こりうるリスクを想像して判断をします。

 それでも想像し得ないリスクも存在することでしょう。それらは施工業者、不動産仲介業者に助言を得る、地元の人に聞くことが大切です。

以下の各イラストにポインタを移動させると、詳細が表示されます。

盛土箇所と切土箇所の地盤強度が異なると、不同沈下の恐れあり。産業廃棄物などの地中埋没物は土地の経歴を事前調査。 現地にて図面と合っているか。登記簿のチェック、境界を示す「境界標」の設置を確認。隣宅の様子(土地への進入物はないか、境界の処理、住人)を観察。 建築基準法を満たす道路と接道しているか。隣接道路は公道か私道か(私道の場合は使用許可が降りるか)。敷地が将来の計画道路に入っていないか。 電気、ガス、水道、下水等が近くまでインフラ整備がされているか。整備されていないと自己負担。 用途地域によっては、隣に商業施設、中高層マンションが建つこともあり。将来的に騒音や駐車場トラブル、日照状態の問題が起こる可能性はないか。 用途地域による規制、高さ制限や斜線制限、その地域の特別な制限や建築協定など。 地震、水害、風害など、起こりうる災害からの被害を低く抑えられる土地であるか。 道路の混雑、工場汚染、花粉や悪臭など、時間・時期・季節毎の障害はないか。
土地のリスクまとめ1
 
 

建物を考えてみる

 土地の地盤を知る方法は、

①周囲環境や土地の履歴を知る

②地盤調査によって強度を知る

の2つがあります。

①周囲環境や土地の履歴を知る

 まず検討している土地の周囲を見渡してみましょう。周囲は平地であれば「やや軟弱な沖積層」、小高い丘や台地であるのなら「硬い洪積層」である可能性があります。

 次にその土地がどのような経緯をたどって宅地となったのかを調べてみよう。

土地の経緯

これらを調べることで、検討されている更地の強度を推測することが出来ます。

②地盤調査によって強度を知る

 調べるだけでは地盤の強度は「推測する」に過ぎません。地主の方に許可を頂いて実際に地盤調査を行わせてもらうことも必要です。調査を行い地盤強度を確認することで、地盤補強の費用はどのくらいになるかを知ることが出来ます。

地盤調査

など。掛かる経費も算出することが出来ます。

地盤を知る
 
 

想像力を十分に働かせる

土地に起こりうるリスクは様々にあります。将来も見据えて想像力を働かせて検証する必要があります。

想像力を働かせる

 これらは、自分の土地だけでなく周囲の土地の用途地域(第○種○層住居専用地域など)も確認しておいたり、市の都市計画を調べておくことで避けることが出来ます。

雨の日も観察

 すべてのリスクを完全に網羅することは難しいですが想定されるリスクをあらゆる角度から検証して、マイホームを建てる土地を選ぶことが必要になります。

想像力を働かせる