積水ハウスでマイホーム建てましたっのロゴ(メイン)
積水ハウスでマイホーム建てましたっのロゴ(サブ)
お問い合わせフォーム

Yahoo!の検索
分譲地空き土地の写真

土地探し

土地探しに必要なことは多くの情報を集めることです

「土地を探す」といっても取引されている敷地は様々です。

 

様々な物件

 

 ひとつとして同じものはなく、「南向きだから+○万円」「角地だから+○万円」など一様に決まるものではありません。

 

地価を決める条件

 

様々な条件により地価は決められています。

敷地固有の条件の傾向、地域の地価の傾向を少ない情報で把握するのは難しいです。物件情報を多く集めることで、より正確に把握することが出来ます。

物件情報をマッピングする

 

土地探しまとめ1

 

 
 

土地探しを手伝ってもらう業者さんは?

ところで、土地の情報はどこから入手すればよいのでしょうか?

入手先として不動産業者、ハウスメーカー、インターネットがあります。

[その1]不動産業者

 売買を希望する土地の情報は不動産業者に集まります。それぞれの業者で別々の情報を持っているので、出来るだけ多くの業者さんに声をかけておくのが良いでしょう。

不動産業者には大手と地元の業者があります。それぞれに特徴があります。

 

不動産業者の特徴

 

[その2]ハウスメーカー

 家は土地の上に建てます。なので土地と建物セットで扱われていることが意外に多いです。いわゆる、積水ハウス等のハウスメーカーによる「建築条件付」という土地です。

 

ハウスメーカーの土地の特徴

 

[その3]インターネット

 インターネットによる情報収集も大変有効な手段と言えます。その理由は以下の点からです。

 

インターネット土地の特徴

 

不動産売買は常に流動的で同じ物件はありません。人気の条件の物件は出てきたときに瞬発的に判断しないと、既に買い手がついてしまうこともあります。

しかし、その物件が実勢価格に伴った価格であるかについては事前に把握しておく必要があります。そのため多くの物件情報を得ていることが重要になります。

 多くの物件について、情報収集をスピーディに行うにあたって以下のサイトを活用しました。

 

サイトから収集した情報と本命物件と比較することが出来て大変役立ちました。

 

SUUMO

 こちらのサイトはリクルートさんの不動産・住宅総合サイト SUUMO(スーモ)です。

SUUMO(スーモ)さんは全国の物件を扱っています。地域を選び、沿線やエリア、さらに価格×広さの相場などから検索することが出来ます。

さらに詳細条件として、価格や面積、駅やバス停からの時間、敷地状況などを選択して検索することが可能です。

アドパーク

 こちらのサイトはアドパークコミュニケーションさんのホームアドパークです。

こちらのサイトも全国の物件を扱っています。SUUMOと同様に地域を選び、沿線、エリアを選択します。さらに詳細検索として価格や面積、駅やバス停からの時間に加えて、「こだわり条件」として定期借地権や更地、角地などを選択して検索することも可能です。

 上記のSUUMOさんとは別の物件も扱っており、より多くの資料を集めるにはこちらのサイトも調べてみると良いでしょう。

 

 

 ご検討の地域の物件が、上記の2サイトに掲載されていないこともあります。

ただ、土地情報がどのようなものを知っておく意味でも、土地をお探しの方は一度物件検索されることをオススメします。

 

土地の購入先まとめ