Yahoo!の検索

HOME>住宅設計>打合せ前の間取り

住宅設計 打合せ前の間取り

 ここでは積水ハウスとの商談を行っているときに提案された間取りについてご紹介します。この間取りから住宅設計の打合せが始まりました。

 紹介している部屋にマウスを移動すると、部屋の用途や特徴が表示されます。特に『青地』に示されている箇所が、要望として積水ハウスにお願いしたところです。

打合せ前の間取り 1階

WC
トイレは階段の下にあります。これは出来るだけ1階の床面積が広がらないように、と検討されました。
Sto.
キッチンの裏手に土間収納があります。これは『キッチン関連の収納のため』『玄関以外の出入口のため』と検討されました。
Entrance
玄関は北向きです。天井までの大きなシューズクロークが西面に配置されています。
Hall
廊下を採用して各部屋を区切り、生活動線がスムースになるように配置しました。
Japanese
南西方向の開放的な空間を客間としました。
Living
 和室と開き戸を開けて繋げると、広い空間になります。
南側の庭に屋外デッキを設けると、屋外にリビング空間が広がります。
Kitchen
対面式のオープンキッチンで食器をスムースにダイニングへ運べるようにしました。 換気扇を東側へ配置して調理臭や煙が東側へ抜けるようにしました。
Dining
東南に位置しており、東側、南側それぞれに大きな窓を配置することで朝方から日中の採光が良くなるようにします。
Stairs
玄関近くに設置することで生活動線が重なるスペースを減らします。
エントランス 階段 1階トイレ 収納庫 ホール 和室(客間) キッチン リビング ダイニング
 
 

打合せ前の間取り 2階

WIC
歩いて入れる広さで洋服類を収納するためのスペースを設けました。寝室の隣に配置して、更衣室としても用いられるようにしました。
SOHO
3畳程度のスペースですが書斎が検討されました。
Sto.
日用品類を保管する納戸です。日常で出し入れの多いモノ、衣類をおいておくスペースとして配置されています。
Child’s Room
施工時は2部屋の区切りはなく、広く使えるようにします。将来的に2部屋に区切ります。
Master Bedroom
主寝室からはバルコニーへ行けるようにして、洗濯物を干してWICへ収納出来るようにしました。
書斎 収納庫 WIC 子供部屋 主寝室
 
 

打合せ前の間取り 小屋裏

LOFT
2階の上に小屋裏として収納スペースが検討されました。 小屋裏は天井の高さが最高で1.4メートルです。(屋根は切妻形状なので、端は0.8メートル程度です)階段は1階-2階間と同じ通常の階段なので、空気の循環もスムーズに起こると思います。 このスペースは季節限定で使うものを保管するスペースとして使う予定です。
書斎

 

 

 私たちに提案されたプランは小屋裏と各階に収納スペースを十分に設けられています。

これにより、

  • 回転の早いモノは各階の収納スペースへ収納する
  • 季節モノや使用頻度が限定されるモノは小屋裏へ一括して収納する

モノを分けて収納出来るようになります。

必要な場所に必要なモノがあるようになり、日常生活における生活動線がシンプルになりました。

スペースにゆとりが出来て、結果として2階に書斎スペースを配置することが出来ました。